赤ちゃんの便秘解消に役立つプルーン果汁

赤ちゃんの便秘解消にプルーン果汁離乳食をスタートさせ、固形物を多く食べるようになると、どうしても水分が不足しがちになります。

そんな時に便秘解消のアイテムとして役立つのが『果汁』です。

特に、プルーンには水溶性の繊維質が豊富で、便秘解消に効果があると言われていますし、鉄分などのミネラルも含まれていますので、赤ちゃんの貧血防止にも役立ちます。

ただ、生のプルーンはなかなか販売されておらず、家庭で果汁を絞って飲ませるのは少し難しいので、市販されているベビー用の果汁を上手に利用してみてください。


果糖が腸内のビフィズス菌を増やす

昔からの知恵で、「赤ちゃんに砂糖水を飲ませる」という方法があります。
白湯に少し砂糖を溶かして飲ませるんですが、すると便が緩くなって便秘が解消されるわけです。

しかし、その味に慣れてくると、単調な味に飽きてしまう赤ちゃんもいます。

そこで役立つのが『果汁』。
プルーンだけでなく、みかん・ぶどうなども便秘解消に役立ちます。

果汁に含まれる果糖は、腸内のビフィズス菌を増やす働きがあり、悪玉菌が増えるのを抑制してくれます。

また、果汁は浸透圧が高く、腸内の水分量を増やしてくれるため、ウンチが固くならないようにしてくれます。

その結果、直腸が刺激されて排便をスムーズにしてくれるんですね。

市販されている赤ちゃん用果汁