運営ポリシー

当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。

このサイトは、医薬品登録販売者として、薬店等で一般のお客様に市販薬を販売してきた経験をもとに執筆させていただきました。

授乳中に飲めるお薬に関する情報は非常に少なく、また、「授乳中は薬を飲んではいけない」という誤った認識をお持ちの方も少なくありません。

しかし、授乳中のお薬の服用については、安全性に関するデータが非常に少なく、「100%安全」という保証がないのも事実です。

授乳中でも風邪をひきますし、頭痛や下痢といった不調に悩まされることもあります。

しかし、例えば、出産前の妊婦健診や、産後の入院期間中などにも、「授乳中のお薬」に関する情報提供は一切行われていないのが現状ですね。

また、病院へ行こうと思っても、赤ちゃんがいる状態では外出もままならず、ついつい体調不良を放置してしまい、症状が長引いてしまう・・というお母さんは多いのではないでしょうか?

私自身も子供を母乳で育てましたので、育児の大変さは本当によく分かりますし、母乳育児の大切さやメリットも知っています。

授乳中であるかどうかに関わらず、出来るだけお薬は飲まない方が良いわけですが、体調不良を我慢しながら育児をするのは、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても非常に辛いものです。

我慢するのではなく、医師・薬剤師・登録販売者に、是非ご相談していただきたいと思います。

お母さんの症状の度合いや体質、医薬品に対するアレルギー、赤ちゃんの健康状態など、人によって状況が異なりますので、自己判断でお薬を飲むのではなく、専門家にきちんと相談した上で服用しましょう。

このサイトでご紹介した情報が、授乳中のお母さん達のお役に立つことが出来れば幸いです。