漢方薬なら安心して飲める?

  • 漢方薬は副作用がなくて安心・・
  • 効き目が穏やか・・
  • 子供から大人まで安心して飲める・・

漢方薬について、このようなイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

実は、漢方薬の科学的な解明は意外に遅れていて、妊婦さんや授乳婦さんの服用については、まだ充分に分かっていません。

そのため、授乳婦への漢方薬の使用については、医師や薬剤師などの専門家の間でも、意見が分かれることがあります。

問題となるような報告は今のところありませんが、政治的特例で安全性試験がされていないため、副作用についても不明な点が多いからなんですね。

しかし、便秘薬については、授乳中は服用を避けた方が良いということは分かっています。

  便秘薬は要注意


センナ
ダイオウなど便秘に効果がある生薬をお母さんが飲んでいると、授乳中の赤ちゃんが下痢することがあることは分かっています。

授乳中に安心して飲める薬や、飲めない薬について調べることが出来るサイトがあるんですが、そのサイトでも残念ながら漢方薬に関する情報はほとんど掲載されていません。

漢方薬は海外で使用されることがあまりないため、臨床データが圧倒的に少なく、情報が不足しているんですね。

おそらく、授乳と漢方薬に関するデータは、今後明らかになっていくと思います。


漢方薬にも副作用はある

長い期間飲み続けることによって「むくみ」が生じるなど、漢方薬でも副作用が起きることはあります。

また、漢方薬は効き目が遅いと思われてることが多いですが、即効性があるものも結構あるんです。

漢方薬だから安心と過信せず、普通のお薬と同じように、購入の際は薬剤師や登録販売者に相談するようにしましょう。

カンゾウ(甘草)の摂り過ぎに注意

多くの漢方薬に配合されている「カンゾウ」という生薬があります。

グリチルリチンという名称で風邪薬や目薬などに配合されていることもあり、炎症を鎮める成分としてよく使用されています。

この成分には一日の摂取量に制限があり、摂り過ぎたり長期間服用を続けたりすると、むくみや低カリウム血症、高血圧などの症状が出ることがあります(偽アルドステロン症)。

甘草(カンゾウ)