綿棒で「こより浣腸」

綿棒でやる、こより浣腸赤ちゃんの便秘解消法として、綿棒によるこより浣腸があります。

お薬の浣腸は、薬液を腸内に注入して排便を促しますが、こより浣腸は、直腸を綿棒で刺激することで便意を催して、お通じを促します。

便秘薬などと違ってクセになることもありませんし、お腹の痛みや下痢などを伴うこともなく、安全に行える解消法の一つです。

ベビーマッサージや果汁などで効果がない赤ちゃんの場合は、こより浣腸を試してみるのも良いかもしれません。

最初は少し怖いかもしれませんが、要領が分かるようになると比較的短時間でできるようになりますし、毎日同じ時間にやることで、お通じのリズムが整うようになることもあるようです。

ただし、よく動き回ってじっとしない赤ちゃんの場合は、危ないのであまり適した方法ではないかもしれません。


必要な道具・準備とこより浣腸の手順

用意するものは、大人用の普通の綿棒とオリブ油やベビーオイルなどの潤滑油です。
ベビー用の綿棒は細すぎて折れやすいため、使用しないで下さい!

こより浣腸で、ウンチがスルスルと急に出てくることもありますので、紙おむつをお尻の下に敷いて、お尻拭きシートや替えの紙おむつ等も事前に用意しておいてください。

赤ちゃんのお尻と綿棒にオイルを塗る

綿棒の滑りが良くなって、赤ちゃんが痛みを感じないように、赤ちゃんの肛門周囲と下の写真の赤丸で囲んだ綿棒の先に、必ずオイルを塗ってください。

綿棒で行う「こより浣腸」

綿棒をやさしく動かしながら刺激する

綿棒の先、1.5~2cmくらいをゆっくり肛門の中に挿入して、ゆっくり直腸の中を刺激します。
違和感を感じて泣き出す赤ちゃんもいますので、優しく声掛けをしながらやってみてくださいネ。

前後にやさしくゆっくりと動かしたり、時々動きを止めたりしながら、2~3分続けてみると、赤ちゃんが自然にいきんで、ウンチが出てきます。

こより浣腸をする時の注意点

綿棒が直腸の中に入っている時は、綿棒から手を離さないで下さい。
また、直腸の中をこするような強い刺激や、奥まで挿入するのは危険ですから、やめてください。