服用中は授乳を中断すべき?

ドラッグストアに風邪薬を買いに行って『授乳中』であることを告げると、『薬を飲んでる間は授乳を控えて下さい』と言われることがあります。

また、お薬の『使用上の注意』に、『授乳中の方は服用を避けて下さい』と記載されているものもあります。

私の経験・医師でも医薬品の知識が完全という訳ではない

これは、私自身の経験ですが、授乳中に歯医者さんに行った時に授乳中であることを告げたら、治療が終わったあとに『今日から3日間は授乳しないで下さい』と言われ、『えーー!?』となったことがあります。

理由を聞いたら、『100%安全という保証ができないから』とのお答えでした。

局所麻酔薬の使用や、痛み止め抗生物質の処方があったため、お薬の服用が終わるまで、念のため授乳はしない方が良い・・という判断だったんですが、『念のため』に3日間も授乳をストップしたら、母乳はたちまち出なくなってしまいます。

それに、うちの息子は完全母乳で育てていて、粉ミルクを一切飲まない子だったので(当時、生後4ヶ月)、母乳を止めるということが不可能でした。

(だから、本当に困った!)

『本当に3日間もストップする必要があるんでしょうか?』としつこく詰め寄ったら、ドクターは困惑した顔・・。

結局、『自己責任で・・』という結論に至り、授乳中でも服用できる薬であるかどうかを、私は自分で調べました。(結果、服用OKの薬でした。)

こんな風に、医師や歯科医師の中にも、授乳中の薬の服用について、ちゃんとした知識を持っていない方々も実際におられます。

それは、勉強不足ということもありますが、やはり『責任』を負いたくないという意識もあるように思います。


母乳のメリットは大きい

授乳中に飲めない薬は実際にありますが、それ以外のお薬では、授乳を控える必要がないケースがほとんどです。

産後、赤ちゃんがおっぱいを吸う事で、お母さんの体は回復していきます。
栄養面やスキンシップなど、母乳のメリットはとてもたくさんありますね。

お薬を飲んでいる間は、搾乳してお乳を捨てるという選択もありますが、搾乳では充分に乳汁を出し切れないため、乳腺炎などの原因になることもあります。

1~2回ならまだいいですが、数日間も搾乳して捨てるとなると、お母さんの肉体的・精神的負担も大きくなりますね。

断乳が必要になるのは

当たり前のことですが、授乳によって赤ちゃんの健康に被害を及ぼすことが分かっている場合や、薬の安全性が確立されてない場合は、授乳を控えた方が良いでしょう。

一般の方々が、安全かどうかの判断をするのは非常に難しいことですので、医師・薬剤師に相談するか、相談窓口を利用するなど、専門機関を利用することをお勧めします。

お母さん自身が『薬を飲んでる時は母乳を飲ませてはいけない』と思い込んでいることも多く、自己判断で母乳を止めてしまったり、薬を飲まずに我慢していることも多いんですが、その前にまずは専門家に相談してみて下さい!